雑記

もう以前のような平和な世界には戻らないかもしれない

こんにちは。
どこを探しても体温計がありません。
今日色んなお店に行ってしまったのでこのタイミングでコロナに罹ったかもしれない。
スーパーチキンタイムに突入して最悪の展開を妄想してばかりいる私です。
ネガティブな事ばかり言わないと言ったな。あれは嘘だ。

収束したらコロナが流行る前の平和な世界に戻ると思っている人がいると思います。
でも、本当に戻るとは限りません。一生コロナは収束せずにこのままかもしれません。
もし変異してしまうようになったら、インフルエンザのように毎年のように流行ってしまうかもしれません。
インフルエンザよりも遥かに感染力と致死力が高く、重症化したらほぼ亡くなってしまうか、回復しても後遺症が残るかもしれません。
また、真偽は不明ですが、新型コロナウイルスは罹ったとしても抗体レベルが弱い事があるという情報が出回っています。

怖くて外には出られません。
日用雑貨や食糧は通販でどうにかなるかもしれませんが、逆に運送業や製造業、通販スタッフの方々は出勤です。
加えてライフラインの従事者は問答無用で外に出る必要があります。

そうなったとき、結局じわじわ人類は衰退するしかなくなると思います。
人類に出来るのは、どれだけ絶滅を遅くすることが出来るか。それくらいです。
人間なんて結局死ぬので最後は同じですが、コロナで絶滅するのはちょっとムカつきます。
ですが、一歩間違えればお金はただの紙切れになり食糧と水と暴力だけが正義の世紀末が冗談ではなくなります。

 

そうならないように、私たち平民はただただ国に頼るだけでなく、現在の状況に合った行動をする必要がありそうです。
学校や会社は基本遠隔テレワーク。会社に属するより個人事業主になってネットで商売したほうが良いかもしれない。
生活に必要な電気ガス水道などライフラインに関わる仕事がロボットやAIに任せられるようになればひとまず皆ひきこもれるのですけどね。
人型ロボットをラジコンのように遠隔操作できるようになるまで何年くらいかかるんだろう。

そもそも日本はオリンピックをまだ開催するつもりなのでしょうか。
1年で収束してくれれば良いですけど、個人的にはもう諦めて中止してほしい。
結局損切り出来ずにズルズル伸ばした末結局中止して莫大な借金と謎の施設だけが残りそうです。

 

考えれば考えるほど詰んでる気がします。
もう諦めて日常生活に戻るのも良いかもしれません。
私たちの代はほぼ全滅してしまうかもしれませんが、生き残った人たちがなんとか頑張ってくれるかも。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-雑記
-, , , ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.