PS4 ゲーム プレイ日記 レビュー

見た目で侮るなかれ!『侍道外伝 KATANAKAMI』は買って損無し!!!

今月から待ちに待った個人的なゲームラッシュ!
記念すべき第一弾は初代侍の前日譚を描く外伝作品『侍道外伝 刀神 -KATANAKAMI-』

初報では「アクワイアも堕ちたな」と見るからにスマホゲーなつくりに落胆してしまったのですが、続報が入ってくる度に私的に超名作である『LET IT DIE』に通じるところがあり、否が応でも期待してしまうゲームへと昇華していました。
今日は発売日ということでPSNで予約していた刀神は既にインストール済み!

喜び勇んで飛び込むとそこには初代の頃そのままの六骨峠が私を待っていました。
行ける箇所は限られていますが
時系列が初代侍の少し前という設定が憎くて素晴らしい!

あの頃と同じBGM(アレンジと原曲どちらもアリ)、同じキャラクターがプレイヤーを出迎えてくれます。
堂島さんお久しぶりです!つーか娘とかいたんスね!!めっちゃ可愛いっす!!!
しかも借金で娘囚われ、借金は娘をダシにして主人公に返済してもらうとか、マジで情けなさ過ぎます。ダサいです。ついでにくさい。
3月にも腹黒糞タヌキに借金漬けにされる運命にあるのでこちらは早いとこ返済したいところですね。

タイトル画面のBGMは初代「侍」のメインテーマアレンジBGM。これは1回聞いて即気に入りました。マジで良すぎます。
初代侍のメインテーマはOPと、OPをアレンジしたBGMがストーリークライマックスに流れるのですが、初めて聞いたときは各勢力と共闘するシチュエーションも相まって燃えたなぁ…あのルートを用意してくれたアクワイアには心酔したもんです。
今となってはくsパットしないゲームしか出さないオタクに媚びうるメーカーとしてほそぼそやってる印象でしたが、あの頃のアクワイアが戻ってきてますよコレは。

このゲームはこれまでのシリーズと異なりただのアクションゲームではなく、ローグライク&ハクスラな俗に言うシレン系ゲームになっています。
視点も見下ろし型のディアブロチックなものです。
そこに侍道でお馴染みの各勢力要素が加わっているのですが、マルチエンディングではないと既にアクワイアが発表済み。
残念ではありますが、各勢力の力関係を裏から操り様々な変化を楽しむ事ができるようなので安心して長く遊べそうです。
あと、パブリッシャーがスパチュンということもあって、早期購入特典としてシレンのコラボ装備もゲット可能です。
ロストしたらどうするんだろうと思ってたのですが、普通に売店で売ってました。親切設計ですな。ないと困る

まだ序盤なので最初の返済を終わらしたところまでしかやっていないのですが、思った以上にやりこみ要素が多そうでワクワクするつくりになっていました。
システムが複雑そうでまだ理解しきれていませんが…。
剣戟アクションはしっかり侍していて懐かしくもあり、レスポンスや操作感がより洗練されてプレイしやすい印象。
ダンジョンの外でもきのこや大根をゲットできるのは嬉しいですね。侍のときにもスタート地点の大根が主食でした。

個人的に目玉であるマルチプレイがまだ開放されておらず気になってしょうがない!!!早く誰かに寄s誰かと協力プレイがしたい!!!
そしてクリア直前で裏切って絶望の顔をみようとして返り討ちにあったりして土下座したい!!!

正直これを書いている時間すら惜しい。
ペルソナ5Sも序盤だけプレイしたのですが、普通に面白くて困った。
こちらは長く遊びながらさっさとP5Sをクリアするべきか…とにかく今日はマルチプレイ開放までやってみよう。
侍シリーズが好きでまだこれ買ってない人は100000000000000000000%損しているのでさっさと買いましょう。
もちろん、侍道シリーズ未プレイの方にもおすすめです。未プレイだからこそまっさらな状態でより楽しめるはずです。

ということで続きを遊んできます。
六骨峠で待ってるぜ!!!

 

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-PS4, ゲーム, プレイ日記, レビュー
-, , ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.