PS4 ゲーム レビュー

十三機兵防衛圏がやばい

昨年2019/11/28にヴァニラウェアの新作ゲーム「十三機兵防衛圏」が発売された。
当初ADVということでプロローグも買わずに期待していなかったが、ヴァニラだからとりあえずやっておこうとなんとなく買ったところこれが大当たりだった。

 

「十三機兵防衛圏」はドット絵ゲームを作り続ける職人集団ヴァニラウェア開発のADVゲーム。
ロボットと学生、タイムトラベルや宇宙などの私達オタクが喜びそうな要素がふんだんに盛り込まれた青春群像劇だ。

シミュレーションRPG的なモードとADVを交互にプレイするのだが、このシミュレーションモードもなにげに面白く、ADVの没入感を妨げないつくりになっていた。
スパロボっぽい戦闘は無駄な部分を全て排除して非常にシンプル且つストイック。
ロボットの戦闘シーンがじっくりと見れないのは残念ではあるが、その代わりに非常にスピーディーで爽快感がある戦闘になっている。

このゲームでまず語らなければならないのはドット絵の恩恵による爆速ロード
今どきのゲームでは大変貴重なメーカーロゴのスキップが可能なため、起動して数秒でゲームを開始する事ができる

ここでまず驚いた。普通のADVでもここまで一瞬で起動できるゲームは見たことがない。
なのでクリアしたあともちょくちょく起動して未だに遊んでる。

次にADVでの背景。
キャラクターも凄いのだが、背景がとにかく美しい。
細かく描かれたグラフィックはどことなく懐かしさがあり、どこのシーンも思わず見惚れてしまう。

特に凄まじいのが教室だろう。木造建ての教室のグラフィックは一見の価値がある。
ここまでくるともはや芸術作品としてどこかで表彰されてもおかしくないのではないだろうか。
KOFも完全に3Dモデルになった今、ドット絵風2D(風)グラフィックのゲームを家庭用ゲーム機に出してくれるメーカーは非常に貴重。
このハイクオリティなグラフィックはインディーズとはレベルが違う。
今後も無理せず出してほしいけど、このゲーム売れてないんだろうなぁ。悲しい。

そしてこのゲームを語る上で外せないのが重厚なストーリー。
よくもまあこんな話思いついたなと感心を通り越して崇拝を覚えてしまうレベルで仰天してしまった。
ゲームをやってるとある程度予想してしまうのがプレイヤーの普通の行動だろう。
だが、このゲームはその予想を遥かに上回り、予想の数倍上から変化球を投げてくる

クリアしてみると既存のシチュエーションや展開が多い事に気がつくのだが、それらを美味く組み合わせて矛盾なく、破綻なく話を綺麗にまとめ上げて完結させているのはもはや神業に近い。
序盤は「大風呂敷広げすぎだろ大丈夫かよこれ!」そう思ったものだが、みるみるうちにかけていたピースが埋まっていく。
その爽快感たるや…頭の片隅に残っていた小さな違和感までも綺麗に回収して最後に大団円を迎えるこのゲーム。
クリアして思わず拍手したくなった。

一昔前の学生のオタクサークル。
そこで仲間内で丹精込めてつくった同人誌

このゲームにはそんなノスタルジックに塗れた匂いがした。
開発者が楽しんでゲームをつくっているのが伝わってプレイしていて嬉しくなるゲーム。
やっているとこのゲームをプレイして良かった。オタクで良かったと思える。そんなゲームだった。
私もこんな魂まで揺さぶられるようなコンテンツをいつかつくってみたい。

2019年は素晴らしいゲームが大量に発売されたが、2019年GOTYを個人的に贈るとしたら迷わずこのゲームを選ぶ。

本当に素晴らしいゲームをありがとうヴァニラウェア。
次回作も必ず買います。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-PS4, ゲーム, レビュー
-, , ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.