PS4 ゲーム

FF7リメイクの体験版が配信開始!爆破ミッションのBGMが良すぎる!!!

本日(2020年3月2日)突如配信された「FINAL FANTASY VII REMAKE / ファイナルファンタジー7リメイク(FF7R)」の体験版!
早速やってみましたよ!楽しみが減ってしまうので迷っていたのですが、まとめサイトでの皆の歓びの声に負けてやってしまいました。

感想としてはアクションはFF15やキングダムハーツなどの既存野村ゲーとほぼほぼ同じような操作感。
アクションに斬新さはありませんが、しっかりと試行錯誤の末つくられている感じです。
ペルソナ5Sのように、敵をズバズバ斬るアクションゲームに違和感なくコマンドアクションが落とし込まれています。
ここらへんの完成度は正直舐めていたこともあり予想以上でした。ノムティスやるやんけ!!!

とはいってもアクション部分は個人的には惹かれるものではなく、普通の出来。
私が目を引いたのはやはりOPからゲームスタートとなる地点で再生される「爆破ミッション」のアレンジBGM!!!
原作版FF7で1、2を争う私的大好きなBGMだったのでこの曲だけで買う価値があると確信しました。

しかもこの曲、アレンジは一つではありません
一つのBGMが可変式になっているのでしょうか?シチュエーションに応じて間奏のように落ち着いたものに変化したり、魔晄炉侵入等の盛り上がるシーンではいつもの激しい曲調に転調します。原曲もそうでしたっけ?
仕組みはよくわかりませんが最高です!!!!!!

原作はOPテーマから爆破ミッションまでの連続して再生される一つの曲としてあるのですが、出来ればリメイクでサントラ出す時に爆破ミッション単体だけで出して欲しい。
どこからどこまでも格好良い元ソルジャーファースト(自称)のクラウドさん、もといプレイヤーにとってのファースト・ミッションに相応しい曲です。
本当に何度聞いても完成度が高すぎる。植松さんほんと天才やで。(アレンジは誰だろう)

音楽には、その音楽の元々の音色の良さというのもありますが、副次効果としてその音楽を初めて聞いた頃の年代の思い出も蘇り、シチュエーションなどを思い出しながら2重に楽しめるのも音楽の素晴らしいところです。
映画やアニメ等に比べてゲームの場合、場所によっては何回も何回も繰り返し聞くことになるので、自分が操作していることによる没入感も相まって他の映像作品に比べて記憶に残りやすいはずです。

大好きなBGMを聞きながらノスタルジックな気分に浸り、あの頃の思い出が一気に蘇りました。
「FF7Rか~今更感あるし野村さんは信用できんけど、原作好きだったからとりあえず買うか…」程度の認識だったのですが、改めて、FF7が本当に素晴らしいゲームだったことを再認識できましたよ。

音楽以外にもちょいちょい原作にアレンジが入っていますが、そこらへんの演出もさり気なくて邪魔になりません。
爆破ミッションの超絶盛り上がる音楽によってテンション上がりっぱなしで体験版クリアまで突き進めました。
正直ボス戦はかったるい感じがしましたが…
そこらへんは私のやり方が悪いのだと思う。そうであって欲しい。

クラウドはイメージよりも若干幼く童顔入ってて可愛く見えましたね。
あとジェシーがかなり可愛くつくられて嬉しいやら後が怖いやら。アバランチメンバー掘り下げは嬉しい…嬉しいがしかし…!!!
バレットがコミカルすぎて違和感ありましたが、原作動画みて元々こんなキャラだったんだなぁと今更新発見でした。

 

はぁ~、やっぱいいですわ爆破ミッション。
原曲もアレンジもエンドレスで聴けますね。最高です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-PS4, ゲーム
-, , , ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.