ゲーム

スマホ版FF11が頓挫したという噂が流れている

NEXONと共同開発していたスマホ版FF11ですが、なにやら不穏な空気。
まとめサイトやゲーム系のサイトで話題になっているので知ってる人は多そうですが、開発中止の噂が流れています。
ソースは以下の海外サイト。あくまでただの噂なので実際のところどうなのかは不明です。
ですが、長い間音沙汰なかったので開発中止になっても全くおかしくありません。

発表されていた画像では美しく生まれ変わったヴァナ・ディールの世界が広がっていて感動します。
当時狂ったように寝る間も惜しんでハマったゲームです。もはや学生時代の人生の一部でもあったのでスマホ版の綺麗なSSは今見てもくるものがある。

FF11の特に好きだったのがBGM。とにかく音楽全てが素晴らしかった。
音楽以外でも、ヴァナ・ディールの世界に住んでいるNPCの生活感に説得力があって好きだった。
FF11では一部を除いてゲーム時間によってNPCも寝たり移動したりします。お店もゲーム時間で閉店しますし、昔は毎日限られた数しか売られなかったので開店時には大勢のプレイヤーが集まっている事もありました。

ついでに、今ではほとんど改善されていますが、昔のFF11に見られたプレイヤーの不利益よりも世界観を重視した数々を少しご紹介させて頂きます。
賛否あると思いますが、私はこれらの要素が堪らなく大好きでした。

昔のFF11

・お店がゲーム内時間の限られた時間しか利用できない。売り物の数も限られていた。
・ファストトラベル技のテレポが極限られた一部にしか飛べない。
・船や飛空艇は定期便で移動中は船内で待機。時間までに乗り込まないと置いていかれる。
・一部クエストの進行にはゲーム時間の日数経過が必要。
・特定の種族でなければクリア出来ないクエストや、空けられない扉があった。
・モンスターに絡まれたらエリア移動まで延々追ってくる。逃げられてもエリア境界付近のプレイヤーが襲われる。
・低確率でポップするレアモンスターが沢山いた。レアモンスターから低確率でポップするレアアイテムもあった。

そしてFF11といえば、パーティーを組んで狩場に行くまでに数時間経過する地獄の待ち時間も有名でした。
今にして思えば、貴重な時間を大量に浪費する昔のFF11をよくもまぁ遊べたものだなぁと我ながら少し引いてしまいます。
名作エバクエを元にした、今の時代には全く合わない「Time to Win」なゲーム性です。

でも、だからこそ世界に説得力が産まれて強烈に惹きつけられたのです。
今同じ仕様でやれと言われると絶対無理ですけれど、ジジイになるまで生きれて、あとは余生を過ごすだけなんて幸せな奇跡がおきたらまたやりたい。
スマホ版ではそこらへんの昔の要素を少し残しながらも今風にアレンジしてくれる事を期待していたので、噂が本当であれば残念です。

スマホ版は噂通り開発中止になってしまったかもしれません。
でも、今後別の形でまたFF11のリメイクがつくられる可能性もなくはない。
FF11は今もサービス継続中ですし、最近新しいクエストが追加されたばかりなので、リメイクを出すとしてもまずは原作が終わらない限り難しいかもしれませんけどね。

サービス開始が2002年なので、後少しで20年ですよ。
もう20年たったのか。考えるだけで嫌な汗が出てきやがります。
もしかしたら今回の噂はブラフで、20周年記念にサプライズ発表してくれるかもしれない。
そうだったらいいなぁ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-ゲーム
-,

Copyright© NUIES , 2021 All Rights Reserved.