アニメ 映画

『シン・エヴァンゲリオン劇場版』を生半可な気持ちで観ると後悔する

映画館で絶賛公開中の映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』
皆さんもう観にいかれましたかね。私も公開2周目の平日に観てきました。
平日という事もあってか真ん中寄りの席以外はガラガラに空いていて快適に観ることが出来ましたよ。

 

肝心の感想は普通に面白かった。これに尽きる。
もう予想より遥かにワクワクしたし、ドキドキしたし、驚愕したし、感動した。
涙もろい私があまり泣きはしなかったのですが、「泣く」以外の感動が大きかった。
旅行で美しい風景を観たときのような感動に近いです。

ここからはネタバレを交えて少し感想を書かせて頂きます。
まだ観られていない方は早く映画館で観てくるように!!!
絶対映画館で観たほうがいい!!!ネットの批評なんか、SNSの批判なんか気にするな!!!

※ネタバレ注意

感想

旧劇場版の思い出

あのちんぷんかんの良くわからない世界観の電波ストーリーを良くここまで、出来うる限り分かりやすく、ひとつひとつ丁寧に、綺麗に美しくまとめあげられたものです。
本当に終わらせる気あるのかなぁ?なんて思ってましたけど、庵野秀明は本当にやってくれました。
あの無限に続くと思い込んでいたエヴァンゲリオンが本当に終わってしまった。

 

私はエヴァ世代なのでTVシリーズや旧劇場版、新劇場版も一通りリアルタイムで観てきました。
といってもそこまで思い入れはなくて、旧劇場版であんな終わり方をしたアニメなので新劇場版からは何の期待もせずに惰性で観ていたのです。
どうせ庵野がまた暴走して適当にお茶を濁して終わるんだと鼻くそほじってたのです。

問題の黒歴史旧劇場版は、個人的にただただ地獄でしたね。デビルマンの最後と同じくらい嫌い。
ただ、ストーリーは嫌いですけど、よくネタにされるミサトさんとシンジの最後のやり取りが私はめっちゃ好きでした。
「大人のキスよ。帰ってきたら続きをしましょう。」も好きですが、「今の自分が絶対じゃないわ。後で間違いに気づき、後悔する。あたしはその繰り返しだった。ぬか喜びも、自己嫌悪を重ねるだけ。でも、その度に前に進めた気がする。」ミサトさんのこのセリフには今でもハッとさせられます。苦しいとき思い出すと何だか救われる気がする。

 

最後の展開

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の話に戻りますが、最後のあの展開は見事すぎました。
「庵野秀明すげえ!!!!!!!すごすぎる!!!!!!!!」驚愕しました。本当に敬服する。

人によって色んな解釈、考察の仕方があると思いますし、エヴァはそれを望んだ作り方になっていると思います。
製作者の考える正解に行き着いていなくとも、あーだこーだ友達と言い合ったり、考察したりするともっと楽しめる作品です。
最後の展開は実は未だに良くわかってはいないのですが、エヴァというアニメ自体、TVから新劇まで全てあの謎空間での妄想の出来事で、エヴァを全て捨てたことによりようやく元の現実に戻ってこれたというお話だったのかも知れない、そんな解釈が出来てしまうくらい余地を残してくれている。

岡田斗司夫さんの説く、ゲンドウ=カヲルくん説は賛否ありますが、私は納得してしまった。
特に戦闘前のゲンドウのあのポーズ。違和感があったけどチンパンすぎて全く気づいてなかったんですよねぇ。
この人は前に例の事件を起こした危険人物ではありますが、考察はやっぱり面白い。
トップも面白かったし、アニメ作るのもウマいんですよね。

 

ゲンドウとシンジと庵野秀明

この映画を観終わったとき、皆さんはどんな感想を抱きましたか?
泣いたり、拍手したり、納得できず怒ったり、人それぞれだと想いますが、私は、無性に寂しく感じてしまいました。

 

みんなあれはエヴァの卒業式と言っていましたが、本当にその通りだと思います。
旧劇であんなに猿のように暴走していた庵野秀明がいつの間にかシンジからゲンドウに成長していたのです。

シンジくんとゲンドウのやり取りは視聴者が待ち望んだ展開であり、期待を裏切らないものになっていましたよね。
息子に導かれて、ゲンドウはずっと引け目を感じて避けていたシンジくんと和解し、探していたものを見つけました。
他の仲間もみんなエヴァから卒業していきます。それは視聴者に向けても製作者側が思っていた願いなのでしょう。

作中、アスカに『あれじゃ馬鹿じゃなくてガキね。』とずっとガキ扱いされていたシンジくんが、誰よりも成長して大人になってしまう終盤の怒涛の展開。
大勢の人は涙を流して感激する場面でしょう。でも一部の人間は焦燥感に襲われるのです。

 

 

 

シンジ!!!!!!!私を残していくな!!!!!!!!!

 

待ってくれ!!!!!!!頼む!!!!!!!

 

置いていかないでくれ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

そうです。
大人になりきれない私のような極一部の社会不適合者には、あの皆大人になって卒業していく終盤の展開が異常に刺さるのです。
様々な経験をして、色んな出会いを経て、結婚して、子供を授かって、皆大人になっていきます。

ですが、極一部の人間は社会に馴染めず、壁を作ってひとりでいることを望みます。
何度人類補完計画を望んだでしょう。何度アクシズの落下を望んだでしょう。考えるのはいつも世界滅亡です。
そんな人間にとってあの卒業式そのものの、シンジくんや仲間たちが成長して現実世界に巣立っていくあの展開は眩しすぎてひたすらに寂しいのです。因果応報、自業自得ですね。

ずっとこちら側の人間と同じように、ずっとそばにいてくれると思っていたシンジくんが「胸の大きいイイ女」とよろしくやりながらいち社会人として現実世界に飛び出していく。
これは社会不適合者、いや、私への裏切り行為そのものと言ってもいいでしょう。

 

ここ数年で庵野秀明もシンジくんと同じように傷つき、経験し、成長し、立派な大人になってしまったのです。
嘘だと言ってくれ庵野。ただひとこと言いたいね。「おめでとう」

 

さいごに

興奮して文章がうまくまとまらずに、普段より乱雑な記事になってしまったことを謝罪します。
それくらい感情に強く働きかけてくるパワーに溢れる素晴らしい作品でした。

これだけ凄いものを観せられてしまうと、庵野さんの次の作品も見てしまいたくなります。
次はシン・ウルトラマンと、シン・仮面ライダーですね。どちらも俄然楽しみです。
その次はシン・ナウシカお願いしますよ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-アニメ, 映画
-, , ,

Copyright© NUIES , 2021 All Rights Reserved.