映画

『劇場版ポケットモンスター ココ』が面白かった!お父さんと一緒に観に行こう!!!

昨日、『劇場版ポケットモンスター ココ』を一人で観てきました。
完全に来場者特典目当てで内容には全く期待していなかったのですが、普通に良い映画でした。
もう後半はずっと泣いてた。今もPV観ただけで思い出して泣ける。

感動の超大作!といったものではないですが、万人におすすめできる癒やし映画なのでもっと多くの人に観てもらいたい。
今回はネタバレを控えつつ、この場を借りてこの映画を布教します。

18時10分開始なのに、18時6分くらいに映画館に着いた時点で期待の無さが現れてますね。
始まっても10分くらいはCMなのでのんびり行ってたわけですが、シアター内にはなんと私を含めて3組だけ!
他の2組はどちらも家族連れでした。

 

席はだいぶ離れていて大きな会場をほぼ独り占めです。
これまでもたまにスカスカな事ありましたけど、これ公開日25日ですよ!!!
マジカヨ皆どこいったの。鬼滅は△(席数僅か)付いてたので普通に混んでたんですよね。
プペルの混雑具合は分かりませんけれど、鬼滅強すぎます。

来場者特典はスクリーンに入る前に貰ったのでもう目的は達成したようなもの。
スッカスカの会場だったのでつまらなかったら寝ようと思ってました。

タップで読めるもくじ 非表示

あらすじ

ザルードはオコヤの森の奥地に群れで暮らしており、そこのリーダー格の津田健ザルードと、ココの父親となる「とうちゃんザルード」がツートップで縄張りを守っていました。
とある日、父ちゃんザルードは森で謎の装置に入っていた人間の赤ん坊「ココ」と出会い、懐かれます。

人間であるココは森の掟で縄張りに置いておけません。
ですが、ココを見つけた父ちゃんザルードはココが見捨てられず、仲間を振り切り、共に故郷を離れて両親を探す事にします。
この時点で森の仲間のザルード達には裏切り者として父ちゃんザルードは恨みを買い、縄張りに戻れなくなってしまいます。

ザルードはオコヤの森に無数にいるポケモンの中でもかなり強いという設定でした。
それでいて横暴で、きのみは好き勝手略奪するわ、森にある不思議な癒やしの湖を独占するわで森のポケモンたちに嫌われていました。
なのでとうちゃんザルードも森のポケモンに嫌われているのですが、ココだけはポケモン達と仲良くなっていきます。

 

感想

良い意味で裏切られた。
序盤こそお決まりのありきたりな展開で「いかにも子供向けだなー(ハナホジ」と完全に舐め腐りながら観ていたところ、ザルードとココの絆を赤ん坊の頃から丁寧に描いていてなんとなく先が気になってきます。
無邪気で好奇心旺盛な赤ん坊のココは可愛すぎるし、そんなココに四苦八苦するザルードも観ていて癒やされました。
王道だけどくどすぎず、丁寧に描いていてホロっときます。

ココはとうちゃんザルードに育てられた事でポケモンの言葉がわかります。
そのため演出上、ザルード達だけは日本語ボイスで会話しており、意思疎通が視聴者側にも分かりやすくなっていました。
もちろん演出上のことなので、ニャースのようにどんな人間とでも話せるというわけではありません。

この映画のテーマは家族愛だとは思いますが、それ以外にも見どころは多いです。
剣盾ポケモンの活躍やジャングルの中を飛び回る躍動感溢れる演出はこの映画ならでは。
スパイダーマンのようにスタイリッシュで爽快感抜群です。

 

奇跡のようなタイミングで出会うサトシとピカチュウもそんな見どころのひとつ。
今回の映画ではサトシ主人公というより、ココ主人公な気もするのでサトシはあくまでサブキャラです。
私もココに感情移入して観てました。なもんで彼らの頼れる強キャラ感といったらもう。

そして何より、彼らは聖人の権化でもありました。
森やココのために一切の苦労を惜しまず全力で力になってくれます。ありがとうサトシ。ありがとうピカチュウ。
でも、サトシはピカチュウ以外のポケモンを使わない舐めプしてたのを忘れません。

他にもホシガリスとかいう堪らなく可愛いヒロインポジションのポケモンもいます。
ホシガリスはザルードとココの親子と仲の良いポケモンです。ココが赤ん坊の頃に出会ったポケモンでした。

きのみが大好きで常に頬張ってるリスのような剣盾初出のポケモンで非常に可愛らしい見た目が特徴的。
ヨクバリスに進化するといっきに気持ち悪くなるので、何かの間違いでヨクバリスにならなくて心の底から安堵しました。

物語は後半から急展開を迎えます。
とうちゃんザルードとココの絆は勿論、それ以外にも用意されている暖かい展開の数々は普通に泣けるので是非劇場で観て欲しい。

とうちゃんザルードが本当に良い奴なんですよ。
スッカスカの会場で逆に良かった。思う存分映画に集中して楽しむことが出来ましたよ。

 

あと、お決まりのロケット団も出てきます。
最近アニメのポケモン観てなかったので、まだいた事に安心感を覚えてしまった。

感動したって話の後であれなのですけど、なんだかムサシが妙にエ◯いなぁと思ってたらノースリーブなんですよね。
今までは袖長めだったのでだいぶ新鮮。全体的に肌の露出多めで大変素晴らしいですよ。
調べたところ少し前からこのスタイルになったらしいです。

 

さいごに

万人におすすめできる映画ですが、家族の皆で視聴すればより楽しめる作品だと思います。
もちろん、私のように一人でも十二分に楽しむ事が出来るので心配ご無用です!

まるで本当の親子のように接するココとザルードのやりとりは必見。是非映画館で堪能して欲しい。
映画を見終わった後にはきっと、来場者特典のとうちゃんザルードが欲しくなることでしょう。

プペルも家族で楽しめそうな内容ですし、年末年始は家族連れで映画館安定ですね。
次は私もプペルを観に、また近いうちに行こうと思ってます。

来場者特典の姿違いのとうちゃんザルードは無事ゲットしました。
ウィッシュリボン付き。

まだまだ特典の在庫はあると思うので、こちら目当てでもおすすめです!
無くなってしまう前に映画館で貰っておきましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-映画
-, , ,

Copyright© NUIES , 2021 All Rights Reserved.