雑記

なぜ投資信託を誰も教えてくれなかったのか

実は1年くらい前、コロナ禍での投資ブームに乗っかって投資デビューしてました。
やり手のプロフェッショナルに寄生出来る投資信託で国際株のインデックスファンドを適当に選んで積立していたのです。
私のように頭の悪い類人猿でも簡単に初められるのが投資信託の良いところ。

 

ずっと放置するつもりなので今調子良くても意味ないのですが、現在15%ほどで安定しています。
1.5%ではありません。15%です。銀行での貯金ではまず見ることはできない数値でしょう。
基本的に放置していれば勝手に上がっていきます。ずっと上がりっぱなしです。

毎月数万しか入金していないのですが、現時点で諭吉が数枚程勝手に増えてます。
投信を信用してなかったというわけではなく、単純に金が無かったので利益は少ないです。

 

これを毎月100万や1000万で積み立てていたら凄いことになっていたはずです。
何事にも言えますが、金持ちは何もしなくともどんどん金が増える仕組みですよね。私のように金が少なければ雀の涙でなんの足しにもなりません。

今まで一部国際株のインデックスファンドは基本的に上がりっぱなしで、下がり続けるなんてことは無かったらしいです。
今も現在進行系で上がり続けているので確かに実感できます。
最近はビットコインに連動して暴落することがあるのですが、直ぐに元に戻るので暴落の日は逆に良い投資タイミングになっています。
当然私はそんな余裕ないので指をくわえてみているだけ。悲しい。

 

 

 

もう少し早く知ってればなぁ!!!
気づいたときにはもう皆やってて出遅れているという事がよくある。
ねぇ。なんでみんな教えてくれなかったの。私も逆の立場だったら絶対教えませんけどね!

 

投資は大事な知識だと思うのです。知っているのと知らないのとでは全然違う。
ただのハイリスクなギャンブルだと頭ごなしに否定せず、学校で教えてくれてもいいくらい。
それくらい重要なキーとなるシステムだと感じました。

 

ただ、今はいろんな国の経済が安定していない印象です。
何が起こってもおかしくない。今もってる株が紙切れになる可能性もめっちゃある。
そんな事になった日にはケツを拭く紙にもなりません。
投資してる人はそんなリスク十分承知の上でやってると思いますけどね。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-雑記
-,

Copyright© NUIES , 2021 All Rights Reserved.