レビュー 映画

全編ワンカット映画『1917 命をかけた伝令』が凄すぎる!!!

先日(2020年2月14日)公開された映画『1917 命をかけた伝令』を観てきました!
この映画、なんと全てを全編ワンカットの(ように見せた)とんでもない映画なのです。
「カメラを止めるな」で聞いたようなフレーズですが、それを本気でやってのけています。
他の映画を見に行った時に、このフレーズに惹かれて直ぐにムビチケを予約し公開を楽しみにしていました。

結果から言えば観に行って大正解でした!
予想より面白くて4D環境で観なかったことを激しく後悔しています。
時間経過で一部カットが入りますが、そこ以外は違和感なくノーカットで広い戦場を移動、圧巻です。
カットがない分没入感が凄まじく、主人公たちと同じ戦場にいるような感覚に陥ります。

緊迫した空気と逃げ場のないどこまでも続く戦場はリアリティを感じるには十分過ぎました。
これまで映画やゲームで見慣れた光景に安全圏から観ていた感覚が弱くなり、恐怖を抱きます。
恐ろしい戦場の臨場感に思わず何度も息を呑んでしまいました。

あらすじ

舞台は第一次世界大戦真っ只中の1917年。
イギリス軍の主人公スコフィールドと友人のブレイクに重要な任務が託されます。
それは「最前線にいる1600人の味方に、明朝までに作戦中止の命令を届けること」

最前線のイギリス軍は敵であるドイツ兵が逃げ出したのをみて明朝に総攻撃を仕掛ける予定でした。
しかし、それはわざとイギリス兵を誘い込み、返り討ちにするためのドイツ軍の罠だったのです。

この伝令が伝わらなければ1600人の味方全員が命を落とし、イギリスは戦いに敗北することになります。
二人は一刻を争う状況で危険な前線に赴きます。果たして任務をやり遂げる事が出来るのでしょうか。

ここからネタバレも交えて軽くストーリーをなぞります。
ネタバレが嫌いな方は見ないように注意です!

この映画、広い戦場をカットがされない状態で移動していくのですが、前線の塹壕の状況がリアルで普通に恐いです。
「昼間は頭を低くしろ」「スナイパーに狙われている」塹壕内のいたるところに警告文の書かれた看板がありました。
塹壕内はアリの巣のように長く入り乱れており、兵士たちは疲弊して道端で休んでいます。

二人はドイツ軍が撤退したとされている前線の戦場を塹壕から出て歩く事になるのですが、ここの恐怖感も良かった。
前線(目的の部隊のいる最前線とはまた違う前線です)の兵士たちはドイツ軍が撤退した事は知りません。2日前まで普通に死人が出ていた戦場です。信じられるわけがありませんよ。
二人は恐る恐る塹壕を出ます。そこに広がるのは一面の焼け野原。何もかもが焼け落ちて遠くまで丸見えです。
いたるところに死体が転がる危険な戦場を歩き、走り、最前線を目指します。

その道中で様々な出来事が主人公たちを待ち受けるのですが、本当に一緒に行動しているようでずっっっっと緊張。胃痛必須です。
ドイツ軍の戦闘機が墜落してくるシーン、スナイパーからの狙撃、暗闇を照らす照明弾、どれもがマジで怖かった。

全編通して面白かったのですが、特に良かったのはやはり終盤。
目的の部隊のいる最前線まで到達し、そこから部隊を指揮するマッケンジー大佐の司令室までおよそ500mほどの距離を走るシーン。
長い塹壕の中をとにかく走ります。既に攻撃ははじまっており、これより第二陣が突撃を開始しようと息巻いていました。
間に合わない事を悟って塹壕から出るスコフィールド。そのまま味方とぶつかりながら、銃弾や爆撃に晒されながら全力で走るのです。
ここは本当に必見。

 

いや~面白かった!
迷っている方は是非とも映画館で観てきましょう。
この映画は迫力ある映画館で観ることで何倍にも面白さが増す系統の映画です。
そして出来れば4D環境の新宿TOHO等で観ることを強くおすすめします。
私のよくいく映画館はそこらへんの設備がまったくないので、4Dで見た人たちが羨ましい。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-レビュー, 映画
-,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.