ニュース 映画

映画館に行けないのが辛い

緊急事態宣言が発令されてからもう何日でしょうか。
3週間くらいたちましたね。当初の予定では4月7日から5月6日までの約1ヶ月でした。
感染者は減少傾向にありますが、まだまだ気を抜けない状況のためか延期の可能性も出ています。

皆が一層気合を入れて自粛してくれるので緊急事態宣言は良いことだと思うのですが、個人的問題がひとつだけあります。
最近ゲーム以外で唯一ハマっていた映画館での1人映画鑑賞ができなくなったんですよ。
映画館は密室に大勢ぎゅうぎゅう詰めにされるわけですから例の感染症騒ぎの影響がないはずがありません。
というか、映画館が営業休止するの遅すぎたくらいです。緊急事態宣言が発令されるまで営業されてたのが逆に謎。
そもそも不要不急の外出は自粛要請されているので営業していてもいきませんけどね!

そんなわけで見たい映画も軒並み延期となり、昨年末のように観たい映画が固まりそうで今から楽しみでもあり不安です。
映画館での映画は1ヶ月に1本くらいが丁度良いのでそれくらいにバラけてほしいのですがどうなることやら。
昨年は観たい映画が多すぎてスルーしたものも多いです。基本的に家でゆっくりしていたい引きこもりなのもでかい。
でもスルーしたものに限って評判良かったりするんですよね。なんなんだあれの現象は!!!

アベンジャーズで有名な「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」のフェーズ4がようやく観れると思ったらこれですよ。
去年は色々あってスパイダーマンがMCUから抜けるかもしれないという事件がありましたが、主演のトム・ホランドが機転を利かせて見事復活したんですよね。

可能性の塊のようなスパイダーマンの若くて爽やかなパワーがあったからこそ、次回以降のアイアンマンとキャプテン・アメリカなきMCUに期待できてたわけですよ。
それが急にいなくなりましたなんてあんた…そもそもMCUにようやく加入してくれたのに、あんな超途中の中途半端展開で「ハイ終わり」なんて納得できるわけがありません。
トム・ホランド様には感謝してもしきれませんね。まぁ、3作目はまだ公開されていないので安心は出来ませんが…。

MCU以外に楽しみにしているもの

『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』(公開予定日:2020年7月23日)

ハサウェイは劇場版逆シャアでチェーンを殺しやがった憎きクソガキなので大嫌いなキャラクターのひとりです。
そんなハサウェイが最後は父であるブライトの見ている前で、犯罪者として処刑されるところを見て愉悦したいので劇場へいこうと思っていたところです。
声優さんが変更されたと少し前に話題になっていましたね。MSもあまり格好良くないので思い入れはありません。

 

『劇場版 Fate/Grand Order 神聖円卓領域キャメロット 前編 Wandering; Agateram』(公開予定日:2020年8月15日)

乳上とラストシーンのオチが好きなのでこちらも劇場へ観に行こうと思っています。
なんか前後編に分けられるらしいので後編まで日が空いてしまうのは嫌ですが仕方ありません。
地上波のバビロニアは面白くなかったので不安ですが、こちらは制作会社も違うので面白くなっている可能性はあります。
美しすぎる乳上や、反転してしまっているトリスタンたちにも注目したい。
確か三蔵ちゃんも出ますよね。あっちも愉しみですねぇ(ニチャア

 

『モンスターハンター』(公開予定日:2020年9月4日)

モンハンの劇場版は現実の世界にモンスターが現れるというストーリーのようです。
なんか「ドラッグオンドラグーン」のニーアに繋がるトラウマエンディングを彷彿とさせる設定です。
モンハンはワールド含めて後々アプデがあってももう飽きて触らないというのが毎度のお決まりパターンなのですが私だけでしょうか。
そんなモンハンですがこちらも映画館で観させてもらいますよ!地味に楽しみにしていました。

 

『キングスマン ファースト・エージェント』(公開予定日:2020年9月)

キングスマンシリーズ3作目は過去のお話。キングスマン誕生秘話がテーマのようです。
1作目で紳士すぎるキングスマンという組織に魅了された人は私だけではないでしょう。
2作目は若干あれだったのですが、過去のお話なので新しい気持ちでキングスマンがまた楽しめると思えば2よりは期待できそうです。
これは劇場版に見に行くか迷ってます。公開日のあたりで暇すぎたら見に行くかもなぁ。

 

『フリー・ガイ』(公開予定日:2020年8月14日)

ゲームのモブが主人公というゲーマーの興味をグイグイ引っ張るストーリーで話題になりました。
どんなゲームかはよく分からないのですが、予告編をみるかぎりGTAみたいな殺伐としたオープンワールドゲーでしょうか。
現実世界でもモブとしての人生を受け入れて日々なんとなく過ごしている人もいるはずです。
私もそんなモブのひとりなのでずっと気になっています。これの公開日には映画館にダッシュせねば。

 

『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』(公開予定日:2020年11月20日)

007シリーズ最新作。通算25作目らしいです。
実のところ一作品も見たことがありません。予告編を見て気になったので見ようか迷っているところ。
私が知っている007は64でプレイした初のFPSであるゴールデンアイだけ。こんな私でも楽しめるかは不明ですが。
こちらも公開期間中に暇だったら観に行こうと思います。

 

『ソニック・ザ・ムービー』(公開予定日:2020年)

ファンに散々叩かれてモデル変更するハメになったソニック劇場版は観に行きます。
もともとのモデルでも良かったのですけど、変更されたモデルを見ると変更してよかったとなってしまう。
似たような劇場版で名探偵ピカチュウは名作だったのでこちらも期待してしまいます。
ちなみにソニックはドリキャスのアドベンチャーがはじめて。あれは64マリオを彷彿とさせる名作でしたね。

 

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(公開予定日:2021年4月2日)

人気シリーズワイルドスピードの続編です。
主演の「ポール・ウォーカー」が事故で亡くなってしまい終わりかと思っていたので続編は嬉しい限り。
スピンオフの「スーパーコンボ」は観ていないのですけど、そのうち観ないとなぁ。
でもこれ系のアクション映画は映画館で観なくていいや!となるので、結局アマゾンでみることになりそうです。

 

『ザ・バットマン(原題)』(公開予定日:2021年)

バットマンは何回映画やるのだろう。
ダークナイトシリーズが映画、ゲーム共に面白かったので一時期ハマっていました。
今回はどんな画風になるのか不明ですが、結局面白くなると思うので見ておきたい。
これは映画館まで行って観る予定。

 

『ジョン・ウィック:チャプター4』(公開予定日:2021年5月21日)

格好良すぎるキアヌ・リーブス演じる最強の殺し屋ジョン・ウィックの新作。
ジョン・ウィックシリーズは毎回のように中途半端なところでぶつ切りで終わるので終わった後の喪失感が酷い。
かつての仲間にも裏切られてどん底まで落とされてしまいましたが、最強すぎるので舐めたことしてくれた奴らを皆殺しにしてくれると期待しています。早くそのシーンがみたくてしょうがない。
このシリーズで度肝を抜かれたのが徹底した殺しの極意。どんな敵であろうと ”必ず” ヘッドショットを決めます。
徹底した確殺主義に見惚れてしまうのは間違いなし。見たこと無い人は見ましょう。

 

映画館で毎回流れる予告編に惹かれて観に行くことが多いのでまだ見ぬ名作にも期待したいです。
早くコロナ収束してくれえ…!夏頃にはもう安心して映画を観に行けるようになっていますように…!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-ニュース, 映画
-, , , ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.