Switch ゲーム プレイ日記

『あつまれ どうぶつの森』はシリーズでダントツの面白さでした!

ついに「2020/03/20」に発売された「あつまれ どうぶつの森」
私はオーバーウォッチと仁王2にハマリすぎて存在を忘れてしまっていました。
あんなに楽しみにしていたのに!
そんなわけで翌朝慌てて島に訪れて、久しぶりのどうぶつの森に癒やされています。

島は元々は無人島。
緑豊かな木々や自然の恵みである果物、人以外の虫や魚が静かに暮すユートピアでした。

我々はそんな彼らの平穏をぶち壊す破壊者でありモヒカンでもありますが、これが自然の摂理。弱肉強食の世界なのです。
心を痛めながらも捕まえた虫や魚をたぬきに売って金に変え、私腹を肥やす日々がはじまります。

しかし、島での生活に心躍らせていると「たぬきち」と名乗るスケベそうなたぬきおやじに呼び出されます。

私はハメられました。
(元)無人島なので逃げる事もできません。
某ゲームで錬金術を会得した私でしたが、ここでは何の役にも立ちませんでした。
堂島さん助けて!!!!!!ドスケベたぬきに◯される!!!!!!

おきまりのたぬきちの借金返済ですが、最初の返済はかなり簡単です。
借金返済が終わるとマイホームのローン返済に切り替わるのですが、ここも簡単。
その次のマイホームの拡張から徐々に貯めるのがしんどくなってきます。
私は今拡張している段階ですが、ひたすら魚をつって虫を捕まえる野蛮人プレイに飽きてきました。
まだまだたぬきちはあらゆる手段を用いてローンを組ませてくると思うのでなるべく長く楽しめる要素が早めに欲しい。

施設拡張のたびに現実世界での日をまたがないと進行しないのがもどかしいんですよねぇ。
私は1日遅れではじめたのでまだ博物館が出来ていません。ついでに商店のような他の施設も。
禁忌である時間操作は最後の手段にとっておきたいのでまだ封印中。
時間操作でお茶を濁したくないくらいおもしろ要素てんこ盛りなのは普通にワクワクします。
段階的に開放されていくので、そのたびに遊びの幅が広がりモチベーションが落ちません!
まだ1日目なので当たり前なのですが

今日もひたすらきのみを拾ったり虫をとったりして、他の住民と無人島生活をエンジョイしているところです。
これまで公表されてきた情報では後々無人島をある程度自由に開拓して、自分好みの街にすることも出来るようで非常に楽しみです。
今が原住民のような生活なので、ここからどれだけ進化出来るのか気になります。
魚釣ったり虫採ったりとやってることはかわりなさそうですがね。

わりと忙しい無人島生活ですが、日課のパトロールはかかせません。
よーし今日も異常なし!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-Switch, ゲーム, プレイ日記
-, ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.