ゲーム スマートフォン

アクション対魔忍がこの先生きのこるには

今回はまたも侍道外伝の20階マラソンがしんどくて別ゲーに逃げています。
スマホゲーはFGOをサービス開始時から続けているのですが、もはや暇つぶしに惰性でやっているだけになっています。
ストーリー以外あまり興味がないので、暇つぶしにちょいちょい他のスマホゲーをやってはハマるのですが、少し課金しては正気に戻ってアンインストールするというルーチンが続いています。

それで今やっているサブのスマホゲーというのが『アクション対魔忍』です。
一時期話題になりましたが、最初だけで後はとんとトレンドには乗らなくなりましたよね。
直ぐに話題にならなくなったのも納得の出来なのですが、何故か未だにやってます。

もちろん理由はアクションとキャラが格好良くてなんかええやんって理由であって、他意は一切ありません。
原作が好きだからとか、箱化とか感度何千倍とか、声優さんそのままでDMM版X版あくしろとか一切微塵も思ってません。
というより原作とはいったい。私は健全なおじさんなので一切わかりません。何を言っているのかわかりません。

これが今の私のインベントリです。
初期に少し課金してからは地道にコツコツ積み上げてきたものなのですがどうですか。凄いでしょう(ドヤッ
まぁ、初期から続けていればURチケットを何枚か無料でゲット出来てるので、実はこれくらいが普通なのですけどね!

原作はよく分からないのですが、中々にキャラクターが魅力的でおじさん直ぐに気に入っちゃいましたねぇ(ニチャア
やはりアサギ先生がナンバーワン。凛子も素晴らしい逸材ですよええ。

キャラクターはアサギ以外があまり育てていなくて弱いということもあって全く使ってません。
他キャラを使うと日課の日替わり上級すら回せなくなるのが痛いです。そんなの使う気しませんよ。
特別モードとタイムアタックは面倒なので暇な時以外スルーしています。

このゲーム、イベントないと虚無が酷くてやることが一切ありません。
今回アンインストールしてみた系の記事を書こうと思っていたのですが、先日久しぶりのキャラ(ムラサキ)追加パッチがあったので方針を変えてそのパッチで気になったところをご紹介します。

 

新キャラはムラサキですか。凛子に続いて私好みのキャラクターで素晴らしいですね。
順当に主人公格を実装ですよ。運営は実に良い仕事をしてくれました。
現在は5000円近く課金しなければゲットできませんが、2週間後に無料石でもゲットできるようになるのもグッドです。
これが高額課金専用だったら今日まで続けることはなかったでしょうが。
今後はそんなキャラがきてもおかしくはないですね。そこがやめ時でしょう。

そんなわけで、ガチャにはムラサキの武器ピックガチャがきていました。
凛子の時には何故かアサギのピックアップがくるという謎の采配だったのでホッとしています。
しかし石はムラサキゲットの為に貯めておく必要があるのでガチャはスルー。

このゲーム、最初こそ石がポンポン手に入るのですが、後半になるにつれてログボ以外でほぼ手に入らないので貴重です。
キャラ追加にはそんな貴重な石を1000個使用します。恐ろしすぎます。ガチャにはほぼ使えません。
なので、ガチャはチケットで回すのが今の所の基本です。
回したら課金しない限りキャラや衣装のゲットが大幅に遅れるのでひたすらスルーしましょう。

今回からそんなガチャに、課金勢救済の天井システムが実装されました。
もう課金する気のない私には関係ないシステムですが、課金してるオークの皆さんには実に有り難い施策でしょうね。
やっぱりガチャは悪い文明なので天井は必須ですし、そもそもレートが異常に高すぎます。
冷静に考えて頭がおかしいです。

頭がおかしいといえばこれ。
ガチャ10連1回につき100のコインが貰えるのですが、それの交換レートが中々に狂っています。
このゲームにこんなに課金する人は熟練のオークの皆さんであっても難しいのではないでしょうか。
もちろん同じカードを重ねる度に能力はアップするので、上を目指す人は5枚揃えることに。
私には縁のない話なのですけどね。

あとは、「アリーナ」というどこかで聞いたような謎のモードがオープン。
まだアリーナ本編は未実装のようですが、プロローグを遊ぶことができます。
仲間の対魔忍が敵として登場して戦うことができるのですが、上級がこれまでと違って難しくてクリア出来ません。

今回レベルやスキルの上限が開放されて更に育成できるようになっており、武器も2つ装備できるように改良されました。
そのため、パッチに伴ってバランス調整により、既存のモードも敵が若干強くなっている印象(これは勘違いかも)
アリーナ上級は間違いなく強いです。私はちょっと手が出ないので諦めて中級で止まってます。

ここまで観ていてくだされば分かる通り、このゲーム中々に厳しいです。
というのも課金レート等がこれまでの対魔忍シリーズに準拠している節があり、たいしたご褒美もないのに苦行を強いられます。
操作キャラクターやサポートキャラクターとのイベントはほぼ無いですし、サポートに至っては絵の変化も全くありません。
エフェクト追加は変化とは言わない

そして何より、遊べる事が少ないのです。日替わりクエストかイベントクエスト回してるだけ。
あれ?でも待てよFGOも
極めつけはキャラクターの操作感がどのキャラもあんまり変わらず、爽快感もあまりありません。

私はX版というものは全くもって良くわからないのですが、CS版をコーエーやプラチナ辺りに依頼して出して欲しいと勝手に思ってます。
コーエーであれば無双で培った安定したアクションと、DOAで磨いた素晴らしすぎるモデリング技術が対魔忍を更に上へ引き上げてくれるはずです。
プラチナはベヨネッタのようなスタイリッシュアクションをつくらせたら業界一でしょう。今自社IPを確立させようとパブリッシャ兼任で忙しそうですが、落ち着いたら奇跡が起こってやってくれるかもしれません。
グラブルとの解消もあってやや不安ではありますが。

ただ、今回のアクション特化した対魔忍シリーズをプレイして、対魔忍のキャラクターはCSでも十分やっていけるポテンシャルを秘めていると思ってしまいました。
fateも今では多くの皆さんに愛されるゲームになりましたし、対魔忍もワンチャンあるはずです。
ただの◯きゲーではないことを見せてくれるのを今から楽しみにしています。

アクション対魔忍自体は1年後なくなってるかもですが。
さて、と(おもむろにDMMを開く

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
souri

souri

構成員A(バイト)
鹿児島南部生まれの田舎者。友達は家庭用ゲーム機。
優先順位はゲーム>その他。頭の中は常に二次元で溢れている。内容の薄いクソ記事を乱発することに定評がある。
夏休みの宿題は泣きながら最終日にするタイプ。

-ゲーム, スマートフォン
-, , ,

Copyright© NUIES , 2020 All Rights Reserved.